岐阜市を中心に岐阜県内近郊エリアの ねずみ、ゴキブリ、ハチ、ハト、ムカデ、クモ、引越ムシ駆除、白アリ退治は ダスキンターミニックス西岐阜店

DSC09438

何の虫かな?

今日はお客様から届いた「ある物」の特定作業!

DSC09423
実体顕微鏡で「同定調査」を行います!

DSC09438

この瓶の中には「生体」が入ってます。

DSC09439

このビニール袋には「遺体」が入っています。

DSC09422

顕微鏡を覗くとこんな感じ・・・

これはチリかな・・・

DSC09418

何やら虫っぽい・・・

DSC09437

体・・・

DSC09432

頭の一部・・・

これは・・・

「チャタテムシ」

チャタテムシ

チャタテムシは主にカビを餌にする害虫です。

主に湿気が多い時期にカビと共に発生し、日本全国ではどこでも見られる害虫です。

主にカビの多い場所に増える傾向にありますが、雑食でビスケットやチョコなどのお菓子のカスや乾燥食品などを食べて生息します。

チャタテムシが活発になるような環境を揃えてしまうとものすごいスピードで繁殖するので注意が必要です。

また、大量発生したチャタテムシはカビや食べ物の残りかすなど以外にも食料を求めて人間の食料品へ混入してしまう場合があります。

これによって人間が気付かずに食してしまうことも考えられます。特に小さなお子さんがいる家庭ではこのようなことは大変な問題になります。

チャタテムシの死骸は乾燥するとダニの死骸などのように埃と一緒に部屋中を舞ってしまいます。

その死骸を吸い込み続けると、毒は無いのですがアレルギーの原因となってしまうこともあります。

 

今年はコロナ禍でリモートワークが増え、外出の自粛もあり、

在宅時間が増えました。その間、自宅は暖房や加湿器で、室温25℃前後、

湿度は40~50%にキープされ、人はもちろん色々な害虫にとっても

快適な環境が続いてしまいました。

自宅での食事が増えたことで生ゴミも多く出る。

色々な害虫たちも“食事”に困らない。

まさに彼らにだけ“春が来た”状態なのだ。

とヤフーニュースにも載っておりました。

 

ダスキンターミニックス西岐阜店は

「IPM(総合防除)」という手法を駆使します。

その場の状況をよく観察して、

先ずはどこまで有害生物を減らせば実際の害を防げるのか、

どんな対策の組み合わせが良いのか、

それはいつ行うべきなのか、

などをきちんと計画してから実施します。

アライグマも!イタチも!テンも!ハクビシンも!

ムササビも!タヌキも!ネズミも!

チャタテムシも!ゴキブリも!

ぜ~んぶお任せください!

ダスキンターミニックス西岐阜店

0120-640-180又は058-252-3707

LET’S CALL TERMINIX